勿忘荘(わすれなそう)

勿忘荘(わすれなそう)

Web上で中学生・高校生向けの学習教材のダウンロード販売をしています。

(中学英語)基本英単語・重要英作文について

 理科社会の「冊子シリーズ」に続き、英語でも2種類用意しています。

 

 『基本英単語』はその名の通り、覚えてほしい英単語を「名詞」「不規則動詞」「形容詞」などのジャンル別にまとめたものです。

 中学校で習う英単語は軽く1000を越えますが、ここでは入試でよく出そうなものであり、これは確実に覚えてほしいというものを300個厳選しています。また、非常に易しめの単語や、暗記するまでもなく覚えているだろう単語は省略しています。

 書いたり読んだりを繰り返して暗記作業に役立てたり、辞書代わりに使用していただければと思います。

 

 『重要英作文』は日本語を英語に直す問題を100題用意しています。

 基本英単語と違い、こちらは入試問題から英文を抜粋していますので、学年や文法単元の枠を飛び越えて、全範囲からの出題となっているため、難易度が高めです。

 よって、一周目は答えを丸写ししてでも英文法や英文の構造、熟語などを覚えるのに集中してもらえればと思います。

 その際に、解答ページにある解説や覚えてほしい熟語などもチェックしましょう。この部分をじっくり丁寧に読むこともおススメしたいです。

 なお、スペースの関係上すべてを解説しきれていない面もありますので、疑問が生じたら教科書や辞書を調べてみるようにしましょう。この作業も大変重要な取り組みになります。

 その後、付録として掲載した「空欄補充問題」で二周目を、それができるようになったら「整序問題(ならべかえ)」で三周目を行いましょう。

 ここまでできればそれだけでもじゅうぶんな力がつくと思いますが、最後はメインの「和文英訳(英作文)」に挑戦してみましょう。この100題が自分で書けるようになったら相当な英語力と言えます。

 この教材は「問題編」で基礎知識を学んだあと、「空欄補充」「整序問題」「和文英訳」で問題演習をすることで、実質4周同じ英文を書くことになりますので、自然と効率よく勉強できるようになっています。

 

 基本英単語と重要英作文ではボリュームが全然違いますが、どちらも長い時間をかけてじっくりと身につけていったほしいものですので、1年かけてこの2冊を完璧にできたらいいと思います。

 下のリンクからダウンロードショップに移動できますので、興味がある人はぜひお立ち寄りください。

wasurenasou.stores.jp