勿忘荘(わすれなそう)

勿忘荘(わすれなそう)

Web上で中学生・高校生向けの学習教材のダウンロード販売をしています。

(中学生向け)志望校の決め方

 今回は標題通り、中学生向けの志望校の決め方についてのお話です。地域によって文化の違いはあると思いますが、高校受験は大学受験ほど複雑ではないと思いますので、広く一般的な話として適用しやすいのではないかと思っています。

 以下、あくまでも個人的な見解になりますが、参考にしていただければと思います。

 

☆志望校を決める基準

 中学生は3年生の夏くらいまで、「特に志望校はない」という人と「第一志望だけは決まっているけど、他は何も考えていない」という人が半分くらいいるように思います。

 また、中学2年生以下だと、「そもそもどんな高校があるのかをほとんど知らない」という人も少なくありません。

 したがって、まずはどんな高校があるのかを知るべきではありますが、ではどういう部分を調べればいいのか、それを以下にまとめました(順番に特に意味はありません)。

 

①学力レベル(偏差値) 
→まずはどれくらいのレベルの学校に行きたいのかを考えましょう。

 学校の定期テストだけでは偏差値というものはなかなか測れませんが、受験においては意識するべき数字ですので、まずはここから考えてみましょう。

 できるだけ偏差値が高い学校を目指すのが一般的かもしれませんが、レベルが高ければ高いほどいい学校なのかというと必ずしもそうであるとは限りません。

 あくまでも自分にとっていい学校を選ぶべきなので、学力だけで決めるのはおススメしません。

 

②学校の場所 
→地域によりますが、高校の通学時間は30分から1時間くらいが一般的でしょう。

 通学手段を気にする人も一定数いて、「家から歩いて通える」とか「自転車で20分くらい」といった“近さ”を重視する人のほうも多いです。

 高校生活は勉強と部活で大半の時間を取られますので、移動時間はなるべく少なくしたほうがやれることは増えるでしょうから、個人的にも近い学校のほうがおススメしたいです。

 

③部活動 
→中学生にとって最も“自分事”として考えやすいのが部活動かもしれません。なので、どんな部活があるのかを一番の志望理由にする人は多いです。

 特定の部活があるのかないのか、自分がやりたい部活が強いのか弱いのか、そこは必ず調べましょう。

 また、クラブチームや習い事を真剣にがんばりたい人は、部活動に必ず入らなくてはならないのかどうかも調べておくべきです。

 強豪校に入ってレギュラー争いをがんばるとか、逆にそれほど強豪じゃない学校でレギュラーを目指すかも人によって考え方は違うでしょう。また、顧問の先生で選ぶ人もいますが、 公立の場合、その先生がずっとい続けるとも限らないので、あらゆることを想定しておきましょう。

 

④学校の雰囲気 
→こればかりは個人がどうとらえるか変わりますので、この学校は楽しい、この学校は真面目、この学校はおとなしい、などは各自の感覚で判断するしかありません。

 ただ、生徒たちの多くは「なんとなく」合う合わないの話を出してきます。

 「気になっていたから実際に行ってみたらますます気に入った」という意見が多いですが、ときどき「思っていたのと違ったからやめた」という声も聞きます。

 このあたりは学校説明会よりも、文化祭や体験授業等に参加して在校生と触れることで多くの情報が得られますので、少しでも受ける可能性がある学校ならば一度は参加してほしいです。

 

⑤卒業後の進路 
→大学進学を目指すならどんな学校に合格しているのかは言われなくても気にするでしょう。

 ただ、数字上で〇〇大学△名という実績も、それが現役生だけの数字なのか浪人生も含めた数なのか、中高一貫校の場合は高校から入った人の実績はどうなのか、など数字の詳細も気にするべきです。

 また、指定校推薦の枠も調べられるなら調べておいてもいいかもしれません。①で書いた学力レベルについて、あえて高校のレベルを高くせず、学校内で上位に入って推薦枠の獲得を目座すというのも一考の価値はあるでしょう。

 また、大学ではなく専門学校あるいは就職することを念頭に置いている場合は人によってかなり変わってきますので、学校側がどれだけサポートしてくれるかは調べておく必要があります。

 大学生の就職活動と違って完全に学生に任せる、ということはないでしょうけれど、会社とのパイプ役として信頼できるか、様々な選択肢を用意してくれるかなど、相談したいことがきちんと学校内で解決できるかどうかを気にするようにしましょう。

 ちなみに、最近のトレンドとして、大学附属の高校を選ぶ人が増えています。詳しくは別記事でお話しようと思いますが、主な理由としては大学受験の難化・複雑化によるところが大きいと思います。

 もしも中学生のうちからある程度将来の希望が見えているならば、大学受験を回避して七年間を確定させるために附属の高校を選択するのも十分ありだと思います。

 

 

 以上が中学生向けの志望校の選び方に関するアドバイスです。

 今回はおおまかなものとしての志望校選びの基準についてまとめました。1学期の三者面談で話す内容(だいたい同じような質問を受けます)はこんな感じでした。

 高校受験が初めての受験という人が大半だと思いますが、受験校は生徒自身の意志で決めるべきです。これらの基準を参考に、少しずつ学校探しを始めてみましょう。

 少なくとも「学力的にちょうどいいから」「近いから」といった一つの基準で決めたり「なんとなくここ」という感覚で決めたりしないようにしましょう。

 受験の第一歩は志望校を決めることだと思いますので、その一歩目を踏み出すためのお力になれれば幸いです。