勿忘荘(わすれなそう)

勿忘荘(わすれなそう)

Web上で中学生・高校生向けの学習教材のダウンロード販売をしています。

(受験生向け)過去問の取り組み方について・後編

 過去問について、後編になります。

 こちらは高校生向けですが、もちろん中学生にも目を通してほしいですし、高校生にも前編は見ておいてもらいたいので、前編が未読の方はぜひ先にそちらをご確認ください。

 

(高校生向け)
 大学入試は共通テスト(旧センター試験)と個別入試(いわゆる赤本・青本)で区別していきます。

 高校入試と違ってなかなか「みんなで同じような動き」が取りづらいので、あくまでも一例という感じになりますが、ぜひ参考にしてください。

 

 ①夏休み中に共通テストと第一志望の学校の過去問を見てみる。
 →ここの意味合いはほとんど中学生向けのそれと同じです。ただ、内容は少し違いまして、高校生の場合は国数英と理社で扱いが異なります。

 共通テストであれば国数英はこの段階ですべての問題に取り組むことができるでしょうし、理社(と数Ⅲ。ここから数Ⅲの表記は省略)は学校で習っていない部分もあるでしょうから、この段階では国数英の3科目だけでもいいかもしれません。

 どちらにせよ、この段階ではどんな問題なのかを把握するだけでいいので、点数が取れるかどうかは二の次です。

 

 ②2学期は過去問を重点的に取り組む
 →高校受験と違って大学受験は冬休みになってから過去問を開始するのでは到底間に合いません。

 問題の難易度や範囲の広さ、受ける学校数による対策すべき過去問の数が高校受験とは比になりません。したがって、2学期の4ヶ月をかけて過去問1周分を少しずつ進めていきたいのです。その進め方は以下の通りになります。

 

 9・10月=共通テストの国数英を最低でも3年分、できれば5年分 
 11・12月=受ける予定の大学の国数英を最低でも1年分、できれば3年分、共通テストの理社を最低でも3年分、できれば5年分 

 

 →高校の学習進度として、11月くらいに理社が習い終わるケースが多いです。

 それを待って理社の過去問をスタートさせたいので、逆算するように国数英の過去問は前倒して進めておきたいのです。

 なお、2021年入試からセンター試験が変わりますので、それの過去問をやってもあまり意味がないのでは、という意見もあるでしょうけど、何から何まで一新されるわけではないですし、少なくとも新しい共通テストの過去問は多くないので(サンプル問題や予備校が作成した模擬試験などを含めても)、やはり練習するなら既存のセンター試験の過去問しかないと思います(それでなくてもセンター試験は良問が多いですから、教材としてもおススメできます)。

 2学期は過去問と模試の復習を通して実践力を身に付けつつ、弱点分野の補充を行っていきましょう。

 同時進行で理社は新しく習う内容を頭に入れなくてはいけませんので、とにかく時間が足りなくなります。

 なので、2学期まるまるを使って過去問をひと通り終わらせるくらいのつもりじゃないと、冬休み以降にとてもじゃないですけど手が回らなくなります。

 

 ③冬休みは共通テストの過去問に専念する
 →冬休みは共通テストの3~4週間前となります。ここで共通テスト(センター試験)の過去問を5~10年分取り組みましょう。

 国数英は2周目となる部分もあるでしょうけど、秋に解いたときとは感覚も点数も全然違うはずですので気にしなくていいでしょう。

 また、大学受験は対策するべきことがとても多いので、なかなか2周目・3周目を取り組む余裕はありません。したがって、1周で終わってもいいように、解いた後の復習や解き直しには相当な力を入れてください。

 目安としては解く時間と復習の時間がイコールとなるくらいがいいです(たまに採点して間違えたところの解説をサラッと読むだけの数分で復習を終える人がいますが、これは非常によくないです)。

 

 また、国立大学を目指すかどうかで共通テストの意味合いが変わりますが、私立大学の共通テスト利用入試で合格を一つは確保したいですから、決して疎かにはできません。

 あとは人によって科目数が違うので所要時間も異なるでしょうから、共通テストの比重が比較的小さい人は早めに切り上げて私立大学の過去問に取り掛かってもいいでしょう。

 

 ④共通テストが終わり次第、個別試験の過去問を進める
 →私大の一般入試は早いところでは1月下旬から始まりますので、共通テストが終わってから私大の個別一般入試が始まるまで最短で10日くらいしかありません。

 共通テストの対策と私大の対策を同時進めるのはなかなか難しいですので、共通テスト終了後に初めて私大の過去問を見た、ということになったらさすがに恐ろしいですよね。

 だから②に書いた通り2学期のうちに少しずつ進めておきたいのです(ここを読んでもらえれば逆算して早めに始めるべき、というのが伝わりやすいですかね)。

 

 私大は少ない人でも2~3校、多い人では8~10校くらい受ける人もいるでしょう。

 少ない人は全部やってもいいでしょうけど、多い人でもやはり3~5校分が限界だと思います。

 そこで、優先度合としては志望順位の上位3~5校に絞っていいと思います。

 志望順位が低い滑り止めの学校で、確実に合格を取りたいところはとりあえず一回分解いて、それで合格点が取れそうならその一回限りでいいでしょう。

 逆に、滑り止めのつもりの学校の過去問で苦戦してしまうようでは、上位の学校の分量を減らしてでも確実な抑えを確保するべきです。

 これらのさじ加減を1月下旬に調整するのではやはりリスクが高いので、少なくともどんな問題が出されるのかは2学期のうちに把握しておきたいです。

 

 国立大学の過去問は私立が終わってから一気にラストスパートをかけるように進めましょう。

 私大入試の日程によっては空き日が少ないかもしれませんが、多くの人は2月中旬に私大入試が終わるはずですので、残すところは国立のみ、という状態で1週間くらいは確保できる人が多いです(あるいはそういう勉強計画を念頭に入れて受験計画を立ててもいいかもしれません。このあたりは別記事「受験校の決め方」参照)。

 難関私大は二月下旬まで試験がありますが、その場合は同時並行で進めていくしかないでしょう。少なくともどちらかに専念するのはおススメできません。

 そうなってしまうのならば、事前に想定したうえで受験作戦を変えるべきですから、これもやはり年内までの取り組みが重要になっていきます。

 

 以上が高校生向けの話になります。

 こうして見てみるとやはり高校受験と大学受験は全然違うように見えます。

 とにかく大学受験は時間が足りません。現役で第一志望に合格できる人が少ないのも、浪人してでも第一志望を目指す人が多いのもうなずけます。

 それでも、常に「今年の受験が最後」というつもりで取り組んでもらえればと思いますし、浪人してがんばればなんとかなるだろうっていう考えでも、たいていがなんとかなりませんので、そういう覚悟を持って大学受験に挑んでもらえればと思います。


 というわけで、長くなりましたが過去問の取り組みについてでした。

 先を見据えたうえで夏を過ごすのと何も考えずにがむしゃらになるのとではどうしても効率の良さが変わってきますので、見通しを立てるのに少しでも役立てれば幸いです。

 

(受験生向け)過去問の取り組み方について・前編

 6、7月くらいから本屋さんに少しずつ昨年度の入試問題が置かれるようになります。

 こうなると「過去問っていつから始めればいいのか」という話題が自然と浮上します。

 

 意識が高い人はすぐにでも始めて研究をしたがります。それは決して悪いことではないのですが、実際に本格的に取り組むには夏の段階ではまだ早いかなと思っています。

 

 そこで、今回は過去問の取り組み方についてのお話です。

 夏にする話ではないような気もしますが、秋から冬にかけて半年続く話題ですので、今のうちから心得ておきましょう。

 

(中学生向け)
 公立高校の入試は、一部の独自校を除いて各都道府県で共通のものになります。

 本屋さんでも「●●県高校入試問題」のようなタイトルで、直近数年分の過去問題集が販売されています。

 私立高校の場合は学校ごとに問題が異なりますので、学校別に過去問が販売されます(ただ、学校により発売時期が異なったり、そもそも販売されなかったりするものもありますので、注意が必要です)。

 

 高校入試の場合、大半は傾向がはっきりしていて、数年分を見比べると似たような問題構成になっていることがわかります。

 したがって、対策は早く始めたほうが有利になると言えるでしょう。

 ですが、夏の段階ではまだ習っていない単元もありますので、未習部分を残した状態で過去問を取り組んでも効果は半減以下になってしまうと思います(中高一貫校に通っていたり、塾で先取り学習をしたりしている場合はこの限りではありませんが、それでも夏休み期間にやりこむ必要はないかと思います)。

 

 過去問はやはり“テスト”ですから、ちゃんと時間を計り、何も調べずに解いて、きちんと点数を出すようにするべきです。

 

 では、実際にいつやるべきかというと、以下のようなペースが望ましいと考えています。

 

 ① 夏休み中に第一志望の学校の過去問を見てみる
 →いきなり話が違うじゃないかと思われるかもしれませんが、夏はあくまでも「見る」だけです。解く必要はありません。ひと通り眺めてどんな問題があるのかを把握してほしいのです。

 教科によってはこの時点ですでに解ける問題がたくさんある場合もあるでしょうから、試しに解いてみても差し支えありませんが、いずれにせよ1回分お試しに、という感覚でいいです。

 大切なのは「敵を知る」ということです。どんな問題が出るのかをなんとなくでもわかっていれば、その後の勉強の意識も変わってくるでしょうから、今後のモチベーション維持のためにも、一度問題は見ておくべきです。

 

 問題を把握するといっても、解くわけじゃありませんから難易度や解法を調べるというわけではありません。

 問題数や配点、出題の形式などを見てほしいのです。

 配点に関しては「知識問題が多いのか」「作文やリスニング問題の配点が高いのか」などをチェックしましょう。

 配点が高い分野があればそこを重点的に取り組むべきですし、逆に配点が低かったりほとんど出題されなかったりするようであれば対策は不要とも言えるでしょうから、これは調べておくべきです。

 

 次に出題形式ですが、これは地域によりかなり差があります。その中でも、「記述問題が多いのか、記号による選択問題が多いのか」は必ずチェックしましょう。

 どうしても記述問題のほうが生徒は苦戦しますし、配点も高くなりがちなので、そこの比重により秋以降の対策するべきポイントも変わってきます。

 あとは各自が目指す学校によって目標とする点数が変わるので、取るべき問題も変わりますが、この時期はそこを気にする必要はないでしょう。

 

 ② 全範囲を学習し終えた段階で最新1回分を解く
 →入試問題に向き合える状態になったら一度解いてみましょう。これは人により時期が異なるでしょうけど、遅くても冬休み期間にはこなしておきたいです。

 私立高校の入試は早いところでは1月の上旬に始まりますので、できれば年内に全範囲の学習をひと通り終わらせておきたいのです。

 ここでも「とりあえず1回お試しでやってみる」というつもりでいいでしょう。目的としては現状の立ち位置を知ることですから、何ができて何ができないのかが把握できればそれでいいと思います。

 

 ③入試1ヶ月前から本格的に1周目を解き始める
 →②と時期が重なる場合は同時進行となりますが、1ヶ月前というのはあくまでも目安です。

 ここで言いたいのは、とにかく「過去問は直前までとっておく」という作戦は避けましょう、ということです。

 気持ちはわからないこともないですが、もったいないから、本番前の最終チェックとして使いたいから、という人は毎年少なからずいます。ですが、それは別に2周目でも3周目でもいいと思いますので、とりあえず手に入る分は必ず前もってやっておいてほしいのです。

 

 ④入試直前の1~2週間前は類題と弱点の補強に充てる
 →過去問は直前に、を避けてほしい理由はこれです。

 過去問はあくまでも過去問ですから、言ってしまえば次の入試では出ません。ですから、過去問と似たような問題で練習を積んでほしいのです。

 過去問をこなしていくうちに、出題の傾向や自分が苦手とする分野がわかってきているはずですから、1周目で間違えたところを2周、3周と取り組みつつ、自分が苦手としている部分を補っていきましょう。

 「こういう問題が出たらまずい」と思うところを重点的に取り組んでほしいのです。

 そして、可能であれば自分の志望校にあわせて入試で取るべき点数を把握して、「確実に取らなきゃいけない問題」と「対策して取りに行く問題」と「捨ててもいい問題」の仕分けをしましょう。

 これは一人ではなかなか難しいかもしれないので、学校や塾の先生に聞くとよいでしょう。

 

 以上が中学生向けの過去問を取り組むうえで気にしてほしいことになります。

 後編は高校生向けです。中学生向けの部分と重なる部分もありますが、高校生ならではの部分を重点的にお伝えしていきます。

 

(中学生向け)数学の実力テストについて

 これは名前の通り、数学の実力を測るもので、不定期に作成していきます。

 配信する時期に合わせて出題範囲を広げ、その時点で練習しておきたい問題をテスト形式で集めたものです。

 

 テスト形式なので解答用紙がありますし、配点や時間制限も設定していますが、一般的な試験とは少し異なり、問題量は多めになっております。

 90分で100点満点になっていて、場合によっては90分ですべてやりきるのは難しいかもしれません。したがって、100点満点を目指すのではなく、与えられた時間内で1点でも多く取ることを心がけてほしいのです。

 解ききれなかった場合はもちろん時間を延長してもらっても構いませんが、その際は時間内にどこまで出来たかを記録しておくようにしましょう。

 

 模範解答はいつも通り手書きの解説とセットで作っていますが、今回はテストなので問題ごとにランクを付けて「出来てほしい問題」「出来るようになりたい問題」「現時点では難しいけど入試までに出来るようにしたい問題」など、実施後に振り返りやすいようにしています。

 

 また、実際のテストでは計算用紙のようなものは与えられず、問題用紙に途中の計算を書いたり図やグラフに直接書き込んだりすることになります。

 ここで提供するものは試験本番より余白は少ないと思いますが、その練習も兼ねて挑戦してみるとよりよい効果を発揮できると思います。

 模範解答もそのスペースに収まるよう、答えに至るまでの経緯を書いていますので、解き方だけでなくスペースの使い方や書くべきことがらの確認もしてみましょう。

 

 

 テストと銘打って作成していますので、それなりに難しくなっています。

 初見では50点くらい取れれば十分だと思っています。大事なのはその後の復習であり、解き終わったらすぐに見直しと解き直しを行い、一定期間が経った後に同じ問題に挑戦してどれだけ成長したかをみるようにしましょう。

 

 夏の段階では夏休み前向けと夏休み後向けに2種類用意しています。

 以降も少しずつ出題範囲を広げて不定期に作成していますが、どれも入試に対応する力をつけるためには必要な問題ばかりを集めています(ときどき本番と同様に「捨て問」も出てきますが、それを見抜くのも練習です)ので、全シリーズを通してひとつの教材として成立させるつもりです。

 

 時期ごとに作ってはいますが、1月や2月にまとめてこなしてもそれはそれで効果的だと思いますので、まずは「一問一答シリーズ」や「単元別入試問題」を徹底的に取り組んでから挑戦する、という使い方でもいいでしょう。

 

 これらの教材はすべてダウンロードショップに置いてあります。ぜひ、下のリンクから立ち寄ってみてください。

 

wasurenasou.stores.jp

 

 なお、別記事「数学の教材全般について」にも書いていますが、冬はより入試問題に近づけた模擬試験を作成する予定です。

 このシリーズはそれらとは少し違う問題構成にするつもりなので、普段の教材とは違ってテスト形式の練習をする材料として一つでも多くの機会を用意していければと思っていますので、どんどんチャレンジしてみてください。