勿忘荘(わすれなそう)

勿忘荘(わすれなそう)

Web上で中学生・高校生向けの学習教材のダウンロード販売をしています。

1月・2月のおすすめ教材

 中途半端なタイミングですが、ダウンロードショップにて1月・2月のおすすめ教材をアップしました。

 すべてがトップページに掲載されているわけではありませんが、カテゴリ別に分けてありますので、興味があるものを探してみてください。

 

(中学生向け)

・単元別入試問題演習(数学) 

→数学の単元別の入試問題を集めたものです。

 トップページには「三平方の定理」のみ掲載していますが、中3の2学期以降に学習する単元は特におすすめです。

 2022年入試はおそらくどの地域も全範囲からの出題になるでしょうから、「円周角の定理」「相似な図形」なども非常に重要です。このあたりはとにかく学校で習ってから入試までの期間が短いので、厳選された問題集で効率よく勉強してもらえればと思います。

 

・実力テスト(数学) 

→名前の通り、テスト形式の問題で、中3・2学期までの範囲の総復習ができます。100点満点ではありますが、問題数は多めなので、入試対策というよりかは冬休み以降の勉強の指針を図るべく、幅広く出題しています。テスト形式なので、何も調べずに取り組んでもらいたいですが、時間制限はなしでじっくり解いてみてください。トップページに掲載するのは「冬休み後」のみとなります。

 「冬休み後」では相似な図形までを範囲としています。学校の授業でまだ全範囲が終わっていないなど、未習の単元がある場合は学校の授業を待たずに各自で進めたほうがいいでしょう。その場合は無料で提供している「数学の一問一答」シリーズがおすすめです。

 なお、都道府県別の傾向・試験範囲にあわせた模擬試験に挑戦してみたいという方は、「ココナラ」にてオーダーメイドの依頼を受け付けておりますので、↓をご覧ください。

coconala.com

 

・記述問題集(理科・社会) 

→全国の入試問題の中で、よく出る記述問題をまとめたものです。

 自分が受験する予定の入試問題を見て、記述問題が多めの場合は特におすすめです。記述問題になりますので、内容があっていれば正解になりますが、ここに記載されたものに関しては模範解答を丸暗記するくらいのつもりで臨んでもらいたいです。

 

・形式別問題演習(適文選択・公民) 

→このシリーズの社会科の最後になります。

 2021年入試における公民の範囲がどこまでかは地域によって異なると思いますが、公民分野もそろそろ学校で習い終わっている頃と思います。公民の入試対策は後回しになるのは仕方がないことですが、こちらでよく出る問題を一通りさらってもらえれば十分な知識が得られるようになっていますので、入試前の最後の仕上げにおすすめです。

 

・形式別問題演習(理科・計算問題集合) 

→理科の計算問題を集めたものです。

 入試でよく出るものを集めていますので、出題単元に多少の偏りはありますが、一問一答による基本的な知識問題や記述問題の練習が済んで、理科で高得点を狙いたい人におすすめです。

 また、前半は単発の易しめの問題を集めていますので、理科が苦手な人でも「少なくともこれだけは」というコーナーもありますので、理科で失敗したくない人にもおすすめです。

 

(高校生向け)

 高校生向けの教材は、冬休みのときと同様に、高校1年生と2年生向けの数学しか用意できていません。次年度に向けた学習を始めていきましょう。

 これらはトップページには掲載できていませんので、カテゴリ「高校数学」から探してもらえればと思います。

・総合演習 

→今回は数学ⅠA、ⅡB、Ⅲと3種類用意しています。難易度は易しいすぎるものは省略していますが、基本から標準レベルの内容になっています。学校の定期テストに近く、入試レベルではないという表現でもいいかもしれません。

 ここに掲載されている問題がすべて解けるようになったら、この時点での数学の力は相当なものといっていいでしょう。一発で解けなくても、何度も復習して解けるようになればそれでいいですし、特定の苦手な単元が見つかったら「単元別重要問題」をぜひチャレンジしてみてください。

 どの教材に関しても途中式をかなり詳しく記述していますので、苦手な人にも何があったかわかるようになっていると思います。時間に余裕さえあれば、3学期を通して一つでも多くの問題に取り組んでもらいたく思います。

 

 以上が1月・2月のおすすめになります。

 高校受験に向けては最後の仕上げを、大学受験に向けては受験校の過去問を進めてほしいです。そして、そろそろ非受験学年の人にも動き始めてもらいたいとも思っています。

 家で手軽に勉強ができるという面で、おすすめしたいものばかりですので、ぜひ一度ダウンロードショップをのぞいてみてください。

wasurenasou.stores.jp

(高校生向け)共通テストの心構え

 1月15日(土)・16日(日)に「大学入学共通テスト」が行われます。

 センター試験から変更されてまだ2回目の試験になるので、どのような形になるのか読めない部分が多いですが、立ち向かう受験生にとっては自分自身の努力の成果を発揮する舞台であることに変わりはないので、今回はそれに向けた心構えについてお話します。

 前回までの別記事「受験の心得」と重複する部分もありますが、今回は共通テストに限定して話を進めていくことにします。

 

1.前日の心構え 

 大学受験において最も重要でかつ多くの人にとって最初の試験であるはずの共通テスト。それを控えた前日となると、精神的に不安定になるのは避けられないでしょう。

 なので、前日はできるだけ穏やかに、リラックスして過ごせるようにしましょう。そのためにできることを挙げていきますので、参考にしてください。

 

 ① 前日は早めに起きる 

 当日だけ早起きしようとするのは避けましょう。前々日は早めに寝て、前日は早めに起きる。要するに、当日と同じような睡眠時間をつくるようにしましょう。

 一般的に睡眠不足の影響は2日後に出ると言いますので、木曜日の睡眠も非常に重要になります。

 

 ② 勉強は軽めにすませ、早く寝る

 前日は新しく何かを学ぶのではなく、今までの学習を振り返る程度の勉強にすませましょう。出るかもわからない新しい知識を取り入れて得点を増やすことよりも、知っているはずの内容で点数が失わないことのほうが重要です。

 広く浅くでかまいませんので、復習に時間を費やしましょう。ただ、その時間も短めでいいと思います。今日までの自身の努力を信じましょう。

 

 ③ 持ち物チェックは明るい時間にする

 普段の生活なら寝る前に次の日の支度をするのが普通かもしれませんが、この日ばかりは昼間のうちに済ませましょう。理由は簡単で、なにか不足が見つかったときに買いに行くためです。もちろん、前日にバタバタするのではなく、1週間くらい前から準備をしておくのが望ましいですが、今はそういう話を抜きにします。

 筆記用具や時計(電池)、交通系電子マネーのチャージなどなど、考えられる限りのチェックをしましょう。なお、必要なものについては別記事「受験生の心得(前編)」で箇条書きにしています。

 

 ④ 不安になったら必ず誰かと話をしよう

 心配や不安は尽きないと思いますが、決して一人で抱え込んではいけません。家族や先生、先輩など、受験生以外の知り合いと、受験以外の話題で話をしてみましょう。

 周囲はプレッシャーをかけるようなことは言わないでしょうから、これで案外落ち着けたり気持ちを切り替えられたりするものです。

 

 

2.当日(試験時間中)の心構え 

 ① 始まる前はとにかくリラックスする

 試験会場に着いたら、具体的な点数のことは考えずに、今できるベストを尽くすことだけを考えましょう。それと、受験番号や名前など、必要事項の記入は何度も確認するといいです。

 特に選択科目の場合、自分がどの科目に回答しているのか(〇世界史 ●日本史 〇地理 など)のマークがあるはずなので、そこも忘れないようにしましょう。

 

 ② 難しいと思っても絶対に焦らないようにする

 本番はどうしたって難しく見えますし、周囲の鉛筆を走らせる音が気になります。ですが、それはみんな同じなので、自分だけが困っているはずはないと肝に銘じて、うまくいかないときこそ冷静に対応できるようにしましょう。

 特に共通テストに関しては、想定外のことは発生するものだというくらいのつもりでいたほうがいいでしょう。場合によっては、思っていたより簡単だったということもあるかもしれません。とにかく、どんなことがあっても動じない気持ちでいてもらいたいのです。

 そう言われても……と思うでしょうが、精神的な動揺は知識不足よりも大きな敗因となりえます。特に共通テスト(センター試験)は、実力を発揮しきれない人が多いです。

 できたはずの問題がなぜかできない。今まではなかったはずなのに、本番だけは時間が足りなくなる。マークミスに気付いて頭が真っ白になるなど、精神的ダメージによる失敗の前例は数えきれないほど聞いています。

 受験生を送り出す立場としては、それほど悔しいことはありません。どうか、精神状態だけは万全で挑んでもらいたいものです。

 

 ③ ペース配分は必ず守る

 自分なりの時間の使い方は決めてあるはずですから、本番でもそれに忠実に従うようにしましょう。見直しの時間も含めて、何分までは大問〇、何分になったら大問☆、△分考えてもダメなら先に進む、など、事前に立てた作戦を遂行することだけを考えましょう。

 

 ④ 会場で答え合わせは絶対にしない

 終わった直後は振り返らないようにしましょう。トイレに行ったり筆記用具の準備をしたりして、時間が余れば次の科目に備えた勉強をしましょう。周りで答え合わせをしようとしている人がいても、その会話は全力でシャットアウトしましょう。場合によっては耳栓なんかを使ってもいいかもしれません。

 

3.当日(試験後)の心構え 

 ① 1日目の振り返りはしない

 自己採点は全教科の受験が終わってからにしましょう。1日目を終えて家に帰ったら、体調を整えることと2日目の準備だけ考えましょう。

 

 ② 勝手な判断で諦めない

 1教科目でつまずいて、その先も引きずってしまった。こんな話もよく聞きます。

 ですが、ふたを開けたらその1教科目は難易度が高く、平均点がものすごく低くなっていた。手ごたえはなかったけれど、実はそんなに悪い点数ではなかったということもあります。

 結果が出るまで難易度や平均点はわかりっこないので、勝手な判断で諦めることのないようにしましょう。

 

 ③ 次を見据えて切り替える

 共通テストだけで大学受験が終わる人はまずいないでしょう。ですから、出来が良かろうが悪かろうが、終わった時点で次に目を向けましょう。

 今後に控えている私大入試や、国立二次試験は完全に別物ですから、終わった後はすぐに切り替えられるようにしましょう。

 

 

 以上が共通テスト前にお伝えしておきたいことです。

 繰り返しになりますが、共通テストはなにかと波乱が起こりやすいもので、どうしたって予測できない部分が多いですから、どうにもできないことは気にしないようにするようにしましょう。

 これを読んでくれた人が、ご自身の力を存分に発揮できることをお祈りしています。

 

受験生の心得(後編)

 受験生の心得、後編は受験後(家に帰ってから)についてです。前編・中編ともつながりはありませんが、できればそちらに目を通してから読んでいただければと思います。

 

 ① 試験問題について 

 自身にとっての最後の試験の場合、解放感に満ちて復習をしようなんて考えないでしょうけれど、まだ次が残っている場合は振り返りの作業は必ずしましょう(必ずしも問題用紙がもらえるとは限りませんが)。

 問題が難しかった、手ごたえがないという理由で受験そのものをなかったことにしてしまうようではあまりにももったいないですから、そのあたりにも注意しましょう。特に、同じ学校を複数回受験する場合、似たような問題が出題されることが多いですから、問題の分析は必ずするようにしましょう。

 

 振り返りについてですが、すべての問題を解きなおす必要はありません。解けるべき問題の選定と、捨てたほうがよかった問題の識別ができればいいと思います。

 漢字や単語、文法問題、計算の公式、一問一答の類など、自分で確認ができる知識系の問題を中心に復習すればそれで十分でしょう。

 ただ、学校側から模範解答が配られることはまずないでしょうから、どうしても気になる問題があれば学校あるいは塾や予備校の先生に聞いてみましょう。そのときは、答えを聞いて満足するのではなく、着眼点や必要な知識、解けるべき問題だったかどうかの判断などを確認するといいです。

  

 ② 一人で落ち込まない 

 試験が終わった直後、多くの学生は気持ちの面で落ち込んでしまいます(よくできた、という人は約1割、できなかったという人が約5割、よくわからない、実感がないという人が残りの4割といったところでしょうか)。

 特に志望順位の高い受験や難関校のチャレンジ、連戦中の場合は精神的にも体力的にも疲労が出ます。いずれにせよ、受験生が一人で気持ちを立て直すのは容易ではありません。

 そんなとき、決して一人で考えこまずに、誰かに話を聞いてもらいましょう。特に内容のない会話であっても、それでガス抜きにはなりますから、家族や先生などと話をしてみましょう。

 ここでの注意は、そう言った話をする際の相手に受験生の友達は避けるべき、ということです。同じ境遇にあり苦楽を共にする受験生仲間と語りあいたい気持ちはわかりますが、受験期間中はお互いに巻き込まないようにしたほうがいいと思います。

 自分が落ち込んだから話を聞いてもらったとしても、相手にとっては勉強時間が削られるだけでなく、精神面でも多少は擦れるものがあるでしょうし、逆ももちろんです。自分が翌日大事な試験を控えているのに、その前夜に友達から不安な言葉や愚痴などをこぼされてもいい気分ではありませんよね。

 友達をないがしろにしろ、というわけではありませんが、結果的にうまくいかなかった生徒の半分くらいは、受験期でも友達とのLINEやSNSの投稿・閲覧に時間を割いてしまっている人が多いように思います。

 非情なようですが、本気で受験を勝ち切りたいのであれば、受験期の他人とのかかわりは最小限に留めるべきでしょう。この期間中は先生を中心に大人との会話を増やすべきです。

 

 そして、これも長年塾で勤務していたからこその経験になりますが、うまくいかないときにそれを正直に表現できない人は割と多いです。

 不安なのに大丈夫だと言う、わかっていないのにわかりましたと言うなど、その気はなくても気丈に振る舞ってしまう人はいます。何度も言いますが、受験生一人ではメンタルを強く維持するのは難しいですから、人に頼りましょう。

 言い方はよくないかもしれませんが、受験生は周囲に迷惑をかけるものですので、どんどん人を頼るべきです(先輩や後輩でもかまいません。受験生仲間でなければいいのです)。

 とにかく、不安的な気持ちのまま次の入試に挑んでも、なかなかいい結果にはつながりません。打ちひしがれて落ち込むことも必要ですから、そのときは短時間で下がるだけ下がって、すぐに切り替えられるようにしましょう。

 

 ☆先輩の体験談・アドバイス 

 ・過去問と本番は全然違うものに見えるし、自己採点もできないから、振り返りはとにかく終わってからにしたほうがいい。

 ・(大学受験の場合)試験の連続は思っていたよりきつい。4連戦の3日目くらいからなんとなく流れで試験を受けている感じになってしまった。

 ・友達が先に進学先を決めたり受験が終わったりすると、うらやましくなって勉強する気が失せる。受験期は一人で勉強するようにしたほうがいい。

 

 以上で3回にわたってお届けした受験生の心得についての話を終わりにします。

 先輩の声が非常に生々しくて実感がこもっています。

 

 最後に、これは恒例の繰り返しになりますが、ここに載っている内容や先輩の声はすべて個人的な見解になります。受験において100%の正解はなかなかありませんので、この記事に関しても、自分にとって都合がよさそうな部分だけ上手に抽出してもらえればと幸いです。

 上手に受験生生活を乗り切って、みなさんが望む試験結果を得られることを願っています。